FC2ブログ

【こちらは旧ブログです】

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

「北海道栗山町 初の基本条例、意識も改革」  

ニュースに一言。

地方自治が面白くなれば山は動く。

近頃めっきり評判の悪くなった“紐付きの補助金”。
地方に財源・権限委譲が進まないのは、
「地方に任せたら何をするか分からない」と国の中心が思っているから。

地方議会改革をリードする、
北海道栗山町を実際に見てみたくなりました。
(ホントに夏休みに行ってみようかしらw)

以下、引用記事

北海道栗山町 初の基本条例、意識も改革
『2006年、議会運営の基本原則を定めた「議会基本条例」を全国で初めて制定した北海道の栗山町議会。先進的な取り組みを学ぼうと、各地の地方議員の視察ラッシュが今も続いている。制定から4年。町内では「開かれた議会」を目指す試みが定着し、町や住民の意識も変わり始めた。

▽反問権など導入
「『議員は何しているか分からん』と批判される。大変参考になった」「住民に真摯(しんし)に向き合う姿勢に感銘を受けた」

11月11日、栗山町議会を視察に訪れた千葉県習志野市や愛知県安城(あんじょう)市など全国5市町村の議員26人は称賛の声を上げた。対応した橋場利勝(はしば・としかつ)議長(65)が「地方議会への風当たりは厳しいが、住民に開かれた議会を目指して改革を続けたい」と話すと、拍手が起きた。

札幌市から東へ車で約1時間。人口約1万4千人の栗山町は、農業が基幹産業。議会基本条例制定後の視察者数は約3600人に上る。条例には、議会が住民と意見交換する「議会報告会」や、 議員の質問に町長が逆質問できる「反問権」、議員相互の「自由討議」などを明記。いずれも全国的に珍しく注目を集めた。

きっかけは財政悪化だった。町議会は02年、財政問題を徹底論議した。「あれをつくれ、これをつくれと町に要望するだけではダメだと分かった」と山本修司(やまもと・しゅうじ)議員(56)。議会はどうあるべきかの模索が始まった。

04年には定数を5減らして13に。さらに、05年から議会報告会が始まった。支持者向けに開く議員個人の報告会は多いが、議会報告会は町民誰でも参加できるのが特色だ。オープンな半面、何を聞かれるか分からない。楢崎忠彦(ならさき・ただひこ)議員(64)は「緊張感のある『ガチンコ』の舞台。何倍も勉強するようになった」。改革を積み重ね、議会基本条例が誕生した。

議場での議論も活発化した。07年、まちづくりの基本政策となる町総合計画の原案に議会として全国で初めて対案を作成し、原案を修正させた。

町職員からは「緊張感を持つようになった」「職員も能力を高めなければ」との声が上がる。議会がチェック制度として設けた「議会モニター」を務める会社経営、阿部式良(あべ・のりよし)さん(63)は「住民の意見を次々と取り入れ、町と丁々発止の激論を交わす議会は頼もしい」と話す。

「議会が変われば、まちも変わる」と橋場議長。昨年は専門家が提言する「議会サポーター制度」を導入するなど、改革はなお続いている。』

出典はこちら

スポンサーサイト

category: 一筆

tag: 政治  地方議会  地域主権  道州制  栗山市 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://aichi0617.blog40.fc2.com/tb.php/11-7b1e9f47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お知らせ

プロフィール

リンク

最新記事

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。