FC2ブログ

【こちらは旧ブログです】

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

「IFRS強制適用に異議あり―日本の会計戦略に関する提言」  

ニュースに一言。

東京財団IFRSに関するレポートが面白かった。
IFRSとは国際会計基準のこと)

IFRSの根本思想を取り上げ、
日本の現行制度との思想的差異を分析している。

各論(償却とか、のれんとか、キャッシュフローとか)は、
いろいろな話が出ているけど、
そもそもIFRSってなに?という議論はあまり見かけない。

会計に興味のある方はぜひ。

以下、引用
IFRS強制適用に異議あり―日本の会計戦略に関する提言
『日本は2012年までに上場企業の連結財務諸表へのIFRS国際会計基準)強制適用の有無を判断することとなっており、メディア等では、あたかも強制適用が既定路線であるかのような論調もみられます。しかし、上場企業3800社へのIFRS強制適用は「百害あって一利無し」であり、日本に大きな禍根を残すことになりかねません。

IFRS会計基準の品質の面でも、また、コスト、法律、税務の面からも、優れた会計基準とは言えません。今回の「日本のIFRSへの対応に関する政策提言」は、多くの専門家と実務家の意見を踏まえ、IFRSが抱える問題点と日本がIFRSに対して取るべき立場について提言しています。

【政策提言の概要】

1.現行のIFRS導入スケジュールは極めて問題。直ちにスケジュールを再設定せよ

現在の上場企業強制適用の決定スケジュール(2012年を目途に判断、最速で2015年に強制適用開始)は強制適用の既成事実化につながる。直ちに白紙に戻すべき。また、米国基準の国内企業への適用終了期限(2016年3月期まで)も撤廃すべき。

2.IFRSの強制適用は不要、企業の自由意思による選択適用とすべき

IFRSの強制適用は不要。IFRSの会計基準としての品質には理論・実務両面から問題があり、投資家のためにもならない。企業の自由意思による選択適用とすべき。仮にIFRSが有用な基準であれば自然に採用企業は増え、そうでなければ増えず、それで不都合はない。

3.IFRSの内容を変える方向性について「日本の立ち位置」を確立せよ

まずIFRSの中身に関する国民的議論と日本の立ち位置の確立が必要。その際の方向性は「会計の目的は、将来キャッシュフローの予測ではなく過去の業績の結果である」という考え方に立脚すべき。IFRSを業績重視の会計基準とするため、米国、中国等と連携し、IASB(国際会計基準審議会)に圧力をかけることが必要。』

出典及び全文はこちら
スポンサーサイト

category: 一筆

tag: 会計  国際会計基準  IFRS  東京財団 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://aichi0617.blog40.fc2.com/tb.php/17-ed3d3946
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お知らせ

プロフィール

リンク

最新記事

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。