FC2ブログ

【こちらは旧ブログです】

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

【準備】苦戦!議員招待への道(感想つき)  

こんばんは。
あいにくの雨続きですね。。

僕の想像以上に、
We Love Tokyo!への議員招待に苦戦しています。
すでに第一回開催の危機ですw
(まだ始まったばかりなのに・・・)

江東区の区議会議員事務所にメールや電話で
趣旨説明やイベント参加を呼びかけているのですが、
なかなかアポ取りまで進みません><

公式HPに「連絡先」と記載されている番号にかけてもずっと留守電だったり、
そもそもHPすら持っていない議員もちらほら。
地方議会と一般社会との断絶を身を以て感じています。

メディア露出も限りなくゼロに等しく、
選挙も一回受かってしまえば4年は安泰。
正常な競争原理が働いていないのでしょう。
フォーカスすべきポイントです。

自分の生き方を自分で決めるためには、
誰しも政治と無関係では生きられません。

戦後日本の政治は「利益の分配」を行うことによって、
多くの人々(普通に暮らしている人たち)を政治から切り離すことに成功してきました。

人は自分に関わる決定がなされたとき、
それが利益なのか不利益なのかで大きくその満足度が異なります。

当たり前ですが、自分のつゆ知らない人から
 ①「100万円払ってください」と言われる
 ②「100万円お渡しします」と言われる
そんな場合、①のケースは納得がいかないでしょう。意味分かんないですもんね。
でも②のケースはどうですか?悪い気はしませんよね。
たとえ100万もらえる理由を知らないとしてもです。 

自分に関わる決定に何のコミットをしなくても、
利益の分配がなされる以上、大きな不満は持たない。

ちょっと乱暴(すぎる?)な言い方ですが、
僕はこれこそが戦後日本政治の根幹だったと思っています。

しかし、皆さんはもうお察しだと思います。
これから日本の政治はどんどん①のケースに近づいていくという明確な事実にです。

10日に財務省が発表した日本の借金(国債&借入金&政府短期証券)は、
924兆円という途方もない数値でした。(参考記事
人口減少、少子高齢化、低成長という三重苦を背負っている日本に、
国民を政治的に切り離す余裕などないのです。

日本再生の必要条件として、
地方分権や地域主権が叫ばれて随分と経ちますが、
それに耐えうる土壌を醸成していかなければなりません。
僕ら自身によってです。

「ろくな政治家がいない・・・」
文句を言うのは簡単です。
でも、そのろくでもない政治家を選んだのは自分達なのです。

嫌だと思ったらそう言えばいい。
おかしいと思ったら何が正しいのかを考えればいい。
分からないなら知るため動けばいい。
何もせずに被害者で居続けることに価値はないのです。

「地方政治は民主主義の学校」
そんなことを言った昔の学者がいます。

Aubeの活動がこれからの時代に馴染む政治を生み出す一助となればと思います。
改めて頑張ろうと思いました。

今後もよろしくお願いします。
あいち


(今日はちょっと長くなっちゃいましたね・・)
スポンサーサイト

category: 江東区

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://aichi0617.blog40.fc2.com/tb.php/5-59ffc82b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お知らせ

プロフィール

リンク

最新記事

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。